菊姫稲荷(お菊稲荷)2

気になっていた菊姫稲荷の撮りなおしをしてきました。前回の撮影分はこちら→【菊姫稲荷(お菊稲荷)1

Imgp1315

町角に突然現れる、こんもりと茂った小さな森…。なんとなくお化け屋敷を連想させる不気味なたたずまい。

再びやってきました、菊姫稲荷。以前住んでいた場所のすぐ近くです。隣のスーパーにしがきにいつも買い物に来てました。

Imgp1319

葉の生い茂った隙間から中を覗く…。

看板にはこのように書かれています。

丹州皿屋敷の話

 この小社を「菊姫稲荷」と称え、俗に「お菊稲荷」といわれているが、今から二百年余前の宮津城主青山氏の一族に青山近江守幸澄という者がおり、その妾と家臣との不義密通から、養子鉄之助の自殺事件へと発展した。この間、幾多の奇怪な事件もあったらしく、藩主青山氏これらの事件のため、幕府から咎められて美濃郡上へ転任を命ぜられた。この「お菊稲荷」が、この青山氏の事件に関係あることは想像されるが、それが後年の戯作者によって、「番町皿屋敷」等と、芝居ものに創作された経緯は明らかでない。

 けれどもこの有名な芝居「番町皿屋敷」と青山氏との関係を考えると、それが宮津藩主時代の事件を材料に創作されたことは首肯され、現にこの「お菊稲荷」の西北百メートル附近に、「お菊井戸」もあったが、今は埋められて跡形もない。そこで従来の「番町皿屋敷」や「播州皿屋敷」というよりも、実は「丹州皿屋敷」とでもいうべきだといわれ、ここ「菊姫稲荷」の縁起も、これでほぼ明らかなように思われる。

宮津市教育委員会

要約すると、あの有名な怪談『番町皿屋敷』はこのお菊稲荷が起源であるぞということみたいです。さすがですね、このお化け屋敷じみた雰囲気からして、ただものじゃない感じがしていました。

Imgp1320

木に埋もれてわかりにくいけど、ちゃんとある鳥居。蔦がいい感じに這っています。

Imgp1322

本殿(というにはあまりにも小さいけれど)。ちゃんとお供えも欠かさずされています。

Imgp1323

ガラスが抜けた窓の隙間から本殿内部を覗く。狐の置物がぼんやりと見える。

前回の撮影分では、もっとはっきり写っています。今回はファインダー式のデジイチなので、コンデジほど小回りのきく撮影はできません。この被写体のこのアングルにおいてのみ、前回のほうがよく撮れたようです。

↓「続き」にあと6枚あります

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鍵守神社1-2

鍵守神社の続き、今度は磐座を中心に。

Imgp1293

↑全景をもう一枚。右手前の杉の木は本当に大きくて立派なものですよ。

Imgp1291

↑全景を引いて撮影。

このように、ここは木がけっこうすごいんですよ。中心的存在の杉の巨木、磐座の上から生えている大木(左の白っぽいやつ)、そして斜めに傾いだ大木(右の黒っぽいやつ)…。大きさわかりますでしょうか。

Imgp1257

↑鍵守神社の最大の特徴である、磐座(いわくら)です。本殿の右背後にあります。

左側が、ぱっくりと割れたようになっていますが、これが天の岩戸を彷彿するとして、鍵守神社の主祭神は、天の岩戸伝説で活躍した手力男の神となっています。

Imgp1261

↑磐座、正面から。全体的に苔むしていて、すごくいい感じの磐座なのです。写ってないけど、上には大木がにょきにょきと生えています。

Imgp1265

↑磐座のぱっくりと割れた部分。

初めてこの神社を発見し、この磐座を見つけたときは、ホントにもう、宝物を見つけた気分でしたよ。

籠神社の奥宮は真名井神社ですが、鍵守神社は文殊堂(智恩寺)の奥宮という説もあるそうです(神仏習合状態ですが)。それぐらい重要な場所。

Imgp1287

手前には小さめの磐座も突き出ています。

↓「続き」にあと8枚+1枚あります

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鍵守神社1-1

念願の鍵守神社での撮影です!

前回行ったときはコンデジが壊れてて、全部没になってしまい無念だったのですが、今回はデジイチで、なんとかマシな写真が撮れるようになってきました。

ただ、三脚はやっぱりあったほうがいいなぁと思いました。神社は薄暗い場所での撮影が多くなるのでね。

Imgp1300

↑鳥居です。当時住んでいたアパートからこの場所に至るまでの道筋も、わたしのお気に入りの散歩コースだったんですよ。ときどきホームシックに襲われ、どうしても宮津に帰らずにはいられなくなります。

Imgp1236

↑石段を登ったところに、まずは一対目の狛犬。こちらは左の狛犬です。

よく見ると、口元にセミの抜け殻が3つほどくっついています。接写もすればよかったぁ!いつもこのように後の祭りになることが多い、わたしのトホホな撮影行脚なのでした。

Imgp1288

↑一対目の右の狛犬。子持ちです。宮津によくあるタイプの「出雲型」の狛ちゃんです。

Imgp1262

↑これが本殿の全景。狛犬、灯籠、そして右背後の磐座、すべてがお気に入り。

Imgp1241

↑左の狛犬と灯籠。こちらが鍵守神社のオリジナル狛犬なのだと思います。

すごく味のあるデザインだと思いませんか?大好きなんです、ここの狛犬。全宮津の狛犬の中で、ここのが一番好きかも。次に真名井神社、次に天橋立神社かな。

Imgp1239

↑右の狛犬と灯籠。

見て見て!ニコニコ笑ってるの、かわいい!もう大好き☆ うちのくくるちゃんに似てるんだよ。

灯籠の形もなんかしゃれてていい感じです。苔むし具合ももうね…。何から何まで、わたしの好みど真ん中なんですよ。

↓「続き」にあと6枚あります

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

越浜1

更新が遅くなりましたが、8月27日に撮影した越浜(おっぱま)の風景です。宮津の海岸の中でいちばん好きな海です。

どれもよすぎて写真が絞りきれず、全部で18枚あります。

Imgp1192

すごくいい場所なのでもっと多くの人に知ってもらいたい反面、誰にも知られたくもないような、複雑な気持ちです。

Imgp1193

まあ、どっちみち人が集まるのは若狭湾だから、人が増えすぎてしまったら…なんて心配はいらないかな…。若狭ならやっぱり水晶浜ですよね。越浜は宮津の水晶浜です。

Imgp1194

というのも、砂浜の砂が変わっていて、石英(水晶)でできたパラパラとした砂なんです。

でも、以前行ったときとは、多少砂の質が変わっていたような?前ほどきれいじゃなくなったような気がするけど、どうなんだろう。

Imgp1196

あと、前は山ほど落ちていたシーグラスが、今回はほとんど見つかりませんでした。これも残念だったこと。

でも海は相変わらず青くきれいで、見ているだけで心が洗われるようでした。

Imgp1198

撮影した時刻は3時半~4時頃で、そろそろ日が傾いてくる頃なので、少し黄色い光が混ざってきています。

Imgp1199

Imgp1202

Imgp1203

Imgp1205

Imgp1207

この色がなんともいえない。やっぱ日本海はいいなぁ。

↓「続き」にあと8枚あります

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

真名井神社3-4

真名井神社、ラスト。磐座の続きと、その他諸々。

Imgp0999

↑ホワイトバランス「曇り」で撮影。

Imgp1000

↑同じ場所から、ホワイトバランス「オート」で撮影。

Imgp1014

↑これは引いた位置からSCENEの「風景」モードで撮影。

Imgp1016

↑同じく磐座の全景を「風景」モードで。

Imgp1024

↑ホワイトバランス「曇り」。

Imgp0988

↑塩土老翁の磐座、ホワイトバランス「曇り」にて。

Imgp1001

↑塩土老翁の磐座、ホワイトバランス「オート」にて。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«真名井神社3-3